中村螺子グループは、
昭和23年以来の実績を誇る「ホーマーナット」を主体と
して、あらゆる産業界の需要に応えてまいりました。

この間、社会情勢の変化と共に過剰設備による競争の激化、
需要の低迷など大きな波に揉まれながら、
そのどれも乗り越えてまいりました。

昭和58年には、タッピンねじの製造を開始、
セントラルファスナー株式会社を設立。
平成元年には大宮溶接金網株式会社を設立。
また、平成11年には閉鎖型フープの製造に着手。

未来社会に於ける競争にも打ち勝てる体力と創造力、
そして人と人とのコミュニケーションを大切にし、
あらゆるセクションに挑戦していく所存であります




         中村螺子株式会社 代表取締役社長 中村 勇夫